ルーツを知ろう!メンズ・レディース問わない競技別の人気スニーカー!

シューズ
スポンサーリンク

どうも〜!毎日笑ってますか〜?

さぁ〜て今回は、元々の靴の成り立ちを理解しつつ、独断と偏見で選んだスニーカーをご紹介します!!

当初はスポーツ競技用に作られたスニーカー達。競技別でタウンユースにもオススメのスニーカーを見ていきましょう(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

元々はテニスシューズだった!

コンバース スキッドグリップ(CONVERSE SKIDGRIP)

1940年、当時人気のスポーツだったテニス専用シューズとして生まれたのが「スキッドグリップ」です。当時テニスをする上流階級の人々から絶大な支持を受けました。

スニ男くん

実際に履いていたことがありますが、スキッドグリップはまじで本気で本当に履きやすいです!靴擦れは一切しなかったことと、足がすごいラクです。中のクッションも柔らかいので長時間履く方にオススメします!※個人差があります。

サイズ感目安: 少し細め(小さめ) の作りです。

標準サイズの方は0.5cm大きめ、幅広や甲高の方は、1.0cmのサイズアップがおススメです。

※個人差があります。

アディダス スタンスミス(adidas STAN SMITH)

1971年に発表されたアディダスの代表的スニーカー(テニスシューズ)。スタンレー・ロジャー・スミス(Stanley Roger Smith)というアメリカを代表するプロテニス選手のがモデル名の由来となっています。

サイズ感目安: 少し大きめの作りです。

ジャストサイズで履きたい方は普段の靴より0.5センチ下げた方が良いかもです。

※個人差があります。

お洒落なうえに機能性抜群のランニングシューズ!

ニューバランス MRL996 (new balance MRL996)

1906年に矯正靴メーカーとして誕生したニューバランス。ニューバランスの中では細身でスタイリッシュな見た目のMRL996です。(安価な方のモデル)シュッとしてるので、きれい目なファッションにも合わせやすく、歩きやすいため人気は衰えません。同じ996でもアメリカ製の品番、中国製の品番、レディース用品番があります。

通気性が良いので夏にもオススメのスニーカーです!

サイズ感目安: 細め(小さめ)の作りです。

0.5センチ程大きめがオススメです。※個人差があります。

ナイキ コルテッツ (NIKE CORTEZ)

1972年に陸上用の靴として誕生しました。元々コルテッツは、オニツカタイガーというシューズメーカーの靴に※スウッシュを付けたものでした。これは意外ですよね!

※スウッシュとは・・・ナイキのロゴマークです。✅←こんな感じの。

サイズ感目安:小さめの作りです。

標準サイズの方、女性の方は、0.5センチ大きめ。幅広の方、甲高の方は1センチ大きめでも良さそうです。※個人差があります。

定番だけど意外?!バスケットシューズ!

converse画像
引用元:converse official 

コンバース キャンバスオールスター(converse CANVAS ALL STAR HI)

1908年、米国マサチューセッツ州モールデンにて誕生しました。キャンパスオールスターをその後1917年に発表した。当時のモデルは現行のモデルとほとんど変わっていません。

それだけ当時のクオリティーが高かったんですね。しかしバスケ経験者からするとこれでバスケしたら絶対に足痛くなるよなぁ〜と思いますけどね。笑

サイズ感目安:小さめの作りです。

女性の方は普段と同じサイズで履きがちですが、コンバースはジャストで履くと小指が痛くなるので普段履いているサイズよりも0.5センチ大きめにしましょう。※個人差があります。

オニツカタイガー オーケー バスケットボール MT(Onitsuka Tiger OK BASKETBALL MT)

1949年に兵庫県の靴の卸問屋、鬼塚商会から始まります。兵庫県の高校と共同でバスケットシューズの開発を始めました。後に、日本で初めての国産バスケットシューズ誕生となりました。現在ではアシックスの名で日本を代表するトップスポーツブランドです。

こちらも意外ですよね!

サイズ感目安:標準

普段と同じサイズにして、一番上の靴紐をキュッと閉めるとジャストサイズになると思います。

※個人差があります。

いかがでしたでしょうか!!

今回はスポーツ別に絞って各スポーツブランドのルーツをご紹介させていただきました。

スニーカーは競技用に作られたものです。お気に入りのスニーカーがどんなジャンルの靴なのか調べてみても面白いと思いますので是非( ^ω^ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました